読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想「探偵はバーにいる」「バーにかかってきた電話」(東直己)

 

探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

 

札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする「俺」は、いつものようにバーの扉をあけたが…今夜待っていたのは大学の後輩。同棲している彼女が戻ってこないという。どうせ大したことあるまいと思いながら引き受けた相談事は、いつのまにか怪しげな殺人事件に発展して…ヤクザに脅されても見栄をはり、女に騙されても愛想は忘れない。真相を求め「俺」は街を走り回る。面白さがクセになる新感覚ハードボイルド登場。 

 

 

バーにかかってきた電話 ススキノ探偵シリーズ

バーにかかってきた電話 ススキノ探偵シリーズ

 

 いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになった。そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは依頼人と同じ名前の女が、地上げ放火ですでに殺されていたことだった。

大泉洋主演映画「探偵はBARにいる」 の原作が「バーにかかってきた電話」で、そのシリーズ第一作が「探偵はバーにいる」で、多少、ややこしい。

 

ブックオフで2作そろってたので、購入。「バーにいる」から読み始めました。

第一作「バーにいる」も面白かったですけど第2作「かかってきた電話」は素晴らしいですね。

軽妙で、かつ芯の通った「俺」の描写、「俺」が振り回される事件の展開とその意外な真相、親友の空手使いや腐れ縁のヤクザ、謎めいた美女など登場人物も魅力的で。

解説子が「初期の最高傑作」というのも分かります。

ただ「俺」は大泉さんとはちょっとイメージが違うかな。ダブルのスーツを愛用とのことなので、もう少しでっぷりした感じだと思う。じゃあ誰、と言われると困りますが。

 

この本を読んでいて、なんとなく「七帝柔道記」を思い出しました。

 

七帝柔道記

七帝柔道記

 

「七帝柔道」という寝技中心の柔道に憧れ、二浪の末、北海道大学に入学した。しかし、柔道部はかつて誇った栄光から遠ざかり、大会でも最下位を続けるどん底の状態だった。他の一般学生が恋に趣味に大学生活を満喫するなか、ひたすら寝技だけをこなす毎日。偏差値だけで生きてきた頭でっかちの少年たちが、プライドをずたずたに破壊され、「強さ」という新たな世界で己の限界に挑んでいく。悩み、苦しみ、悲しみ、泣き、そして笑う。唯一の支えは、共に闘う仲間たちだった。地獄のような極限の練習に耐えながら、少年たちは少しずつ青年へと成長していく―。

 もちろん札幌が舞台、というのが直接的な理由ですけど、それだけじゃなくて、雪に埋もれた町での男同士の友情とか、割に合わないのに損得抜きでの苦闘とか、読後感のほろ苦さとか。

「七帝」の作者の増田俊也さんはスペンサーシリーズの大ファンとのことですが、あれも、しばしば雪に埋もれるボストンの町と、スペンサーとホークの友情とか、採算度外視のスペンサー的探偵稼業とか、ちょっと似てるとこもありますね。

 

シリーズはまだまだ続巻があるようなので、立て続けに読むのは少ししんどいですけど、ぼちぼち続読していこうと思います。

 

 

 

読書感想「大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争」(辻田真佐憲)

 

大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書)

大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書)

 

 

内容紹介

信用できない情報の代名詞とされる「大本営発表」。その由来は、日本軍の最高司令部「大本営」にある。その公式発表によれば、日本軍は、太平洋戦争で連合軍の戦艦を四十三隻、空母を八十四隻沈めた。だが実際は、戦艦四隻、空母十一隻にすぎなかった。誤魔化しは、数字だけに留まらない。守備隊の撤退は、「転進」と言い換えられ、全滅は、「玉砕」と美化された。戦局の悪化とともに軍官僚の作文と化した大本営発表は、組織間の不和と政治と報道の一体化にその破綻の原因があった。今なお続く日本の病理。悲劇の歴史を繙く。

 

「「あてにならない当局の発表」の比喩として盛んに使われている」大本営発表について(もっとも、最近のネットでは、たとえばJリーグの移籍情報について「大本営発表」といえば、オフィシャルに近いマスコミからの確度の高い情報、というように使われることも散見され、少し事情が変わってきているのかもしれません。)、実際はどうだったのか、またなぜそうなったのかを具体的に論じた本です。

今まで知らないことがたくさん載っててこれも面白かった。

 

著者によれば、開戦直後は日本軍が連戦連勝だったために真実を発表すればよく、ほぼ正確な発表がされており、むしろ加熱する新聞社の報道合戦に引きずられるところもあったとか。

それが、よく言われるような、嘘・大げさ・(全滅を「玉砕」とかの)言い換えのいわゆる「大本営発表」となったのは、やはりミッドウェー以後だとか。

正規空母4隻を失って惨敗したことを正直に発表したら国民の士気が下がる、との配慮で、「自然の成り行き」で「航空母艦一隻喪失、同一隻大破、巡洋艦一隻大破」と過少な発表になった。

以後はタガが外れたように、同様の味方の被害は過少に、戦果は過大に(というかありもしない戦果をでっち上げて)発表することが常態化するようになったとのことです。

昭和天皇が「たしかサラトガが沈むのは4回目だと思うが」と言ったのも有名なはなしです。

 

しかし、もともと山本長官が「一年か半年は暴れて見せるが」と始めた太平洋戦争の開戦半年後にあった大海戦がミッドウェーだったわけで、そこで惨敗したのなら、終戦に舵を切っていくべきだったんでしょうね。もちろん、後知恵ですけど。

そこで「国民の士気を下げないために」ということで虚偽発表したのが、以後の太平洋戦争の悲劇の一因なんでしょう。

 

太平洋戦争時の日本軍の組織的欠陥はよく言われるところです。たとえば縦割的官僚機構による組織間不和、情報・兵站の軽視、人命の軽視、属人的技能の尊重と標準化の軽視、責任の所在の不明確さなど。

大本営発表の経緯を見ていっても、日本人としてため息をつきたくなるような愚昧な成り行きに暗澹とします。

たとえば組織間不和の例として陸軍と海軍が大本営発表の片言隻句で対立する様が描かれたり、責任の所在の不明確さの例として、上記ミッドウェーに関する大本営発表が、軍令部と軍務部の対立の中で「自然の成り行き」で決まったりだとか。

この本では、最後に東日本大震災での福島第一原発に関する政府発表や報道等にも触れていますが、言われるまでもなく、太平洋戦争時の日本軍の惨状は、日本人、日本的組織の宿痾として向き合っていかないといけないものだと思います。

 

ところで、マスコミと軍部の癒着についても多く触れられてるんですが、その中で有名な竹やり事件(  Wikipedia )にも触れられていて、知らなかったんですが

最終的に海軍が介入したこともあって。新名は召集を解除され、海軍報道班員となってフィリピンに渡り生き延びた。ただ、一緒に召集された老兵たちは召集を解除されず全員硫黄島に送られて、その多くが戦死してしまった。これほど酷いとばっちりはない。

ていくらなんでもひどすぎないか。

37歳で異例の召集を受けて硫黄島で玉砕するって、本人たちはどう思ってたんでしょうか。そもそも新名記者の「竹槍」記事だって海軍の提灯持ち的記事に過ぎないのであって、そこに東条英機はじめ陸軍が介入したために、こういうことが起こったので、これも日本軍の愚劣さの一例といえるんでしょうね。
 

 

 

 

 

読書感想「果てしなき渇き」(深町秋生)

 

果てしなき渇き (宝島社文庫)

果てしなき渇き (宝島社文庫)

 

内容(「BOOK」データベースより)

部屋に麻薬のカケラを残し失踪した加奈子。その行方を追う、元刑事で父親の藤島。一方、三年前。級友から酷いイジメにあっていた尚人は助けてくれた加奈子に恋をするようになったが…。現在と過去の物語が交錯し、少しずつ浮かび上がる加奈子の輪郭。探るほどに深くなる彼女の謎。そして用意された驚愕の結末とは。全選考委員が圧倒された第3回『このミス』大賞受賞作品。読む者の心を震わせる、暗き情念の問題作。

 

いや、この本はちょっとなあ。

面白いかつまらないかでいえば面白い。巻置くを能わず、という感じですが、ちょっと自分の好みではなかったなぁ。

一言でいえば「ノワール」ってことなんでしょうけど、うむう。

映画版(「渇き。」)では主人公藤島を役所広司さんが演じているらしいです。未見ですが、役所広司のイメージとはまったく違うのでびっくりしましたが、でもまあ、「ドッペルゲンガー」とか、けっこうそういう役も演じてますね。

 

関係ないですが、昔、NHKでやってた「宮本武蔵」が最初に役所広司を知ったドラマで、とても印象に残ってます。たしかお通は賀来千香子だったかな。

 

「果てしなき」に話を戻すと、元刑事の中年男が失踪した娘を探す、というわりによくある筋書き(たとえば「64」とかもそうですよね)で始まったのに、途中からえらくバイオレンスで非倫理的な話になっていってしまって。

主人公の焦燥感は分かるけど、ちょっと感情移入できなかった。

まあでも間違いなく面白いですよ。

「AMARANTHUS」(ももいろクローバーZ)

f:id:sika2:20160217000501j:image

フラゲしました。

3rdと4thの両方とも買ったんだけど、まだ「AMARANTHUS」しか聞けてない。

でも今の段階でも「予想を裏切り、期待を裏切らない」、ももクロイズムに溢れたアルバムであることは断言できますね。

素晴らしい。


映画「オデッセイ」を観てきた(多少ネタバレあるかも)

日曜のお昼に観てきました。

多分、その館で一番か二番目に大きいスクリーンで、7割くらい入ってた印象。

バレンタインデーだったせいか、カップルが多かったかな。

 

ストーリーは各所で紹介されているとおりで、火星に一人取り残されたマット・デイモンが助けが来るまで何とか生き残ろうと頑張る映画です。

火星でダッシュ村の趣もあって、特に水を作ってイモを育てるとことか、それが順調にいくとことか、「ああ、これが火星でダッシュ村って言われてたとこか」と腑に落ちました。この辺、理系的なワクワク感があって面白かった。

 

togetter.com



映画全体の感想としては、「やっぱアメリカってすげえな」って思いました。

アメリカがすごいというか、科学的に合理的に思考することが善とされること、DIY精神というんでしょうか、自分自身の力で問題を解決することが善とされること、その過程をエンターテイメントとして消化できること、でしょうか。

日本映画ではなかなか無い類型のエンターテイメントだと思うんですよね。

思考のパターンが日本人とはちょっと違うというか。


たとえば、火星に一人で取り残されて、向こう4年は助けが来ないであろう状況で、主人公が最初にやったことが(ケガの治療を除き)、手持ちの食糧の量を可視化して、それでどれくらいの期間もつかを割り出し、救援が来るまでには不足する分をどうすべきかを考える、ですからね。

目的から手段・過程を割り出して合理的に解決していく。

ツイッターで「日本で作ったら『海猿』になる」と言われてるのを見たけど、たしかにこんな風に困難を合理的に解決していく過程を、ほぼ情緒を挟まず、しかもユーモアもあるエンターテイメントにするのは、日本は不得手だろうなぁ。

ダッシュ村には、問題解決過程のワクワク感的な面白さはあるけど、そもそもの目的(村や島の開墾とか)が、ためにする目的だし。まあバラエティーだからそれでいいんだけど。

地球にいるNASA側の話でも、トップが「責任は自分が取る」といってリスクを取る(結果は凶と出たけど)、ボトムアップで上がる良案を採用する(少なくともトップにまで上がる。)、いったん立てた計画を途中で変更する。情報は公開されるのが前提な点もそうだし。

この映画のNASAは、必ずしも観客に全面的に好意的に受け取られるように描かれているわけではなくて、たとえば最初は長官もマット・デイモンの救援に及び腰だったり、マット・デイモンが生きてたことを最初は他のクルーに隠そうとしたり、結局はクルーの造反で解決するところもあったり。

だから、NASAは必ずしも「正義の組織」としてあるわけじゃないけど、問題解決のために組織がちゃんと合理的に 動く様を映画のなかできちんと示すことができるっていうのが、まあ当たり前といえば当たり前なんだけど、日本の映画ではあんまり見ないかなぁと思いました。

 

ネタバレになりますけど、こういうストーリーの映画だから、まあ最後にマット・デイモンが地球に帰れないなんてことは無いわけですよ。

だけどひょっとして救援されないかも?てところで観客をハラハラさせるんだろうなてことも、予め予想できて、実際、そのとおりのプロセスをたどって大団円をむかえるわけですよ。

だけど全く予定調和な印象が無く、ちゃんとハラハラした上で感動できる(というかクライマックスでは実際、ちょっと泣きそうになりました。)。

 

あと、宇宙モノの映画では必ずある、でっかいスクリーンのある管制室みたいなとこで皆が打ち上げとかをハラハラと見守ってて、上手くいって喝采する、ていうシーンもちゃんとあります。

 

ストーリー全体、その演出の端々にいたるまで、良い意味でのアメリカ的価値観に溢れていて、しかもそれが鼻につかずにちゃんと感動できる、すごい映画を見たなーというのが正直な感想です。

文句なしにオススメだし、これはちゃんと映画館で観るべき映画だと思います。

 

 

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 

 

ゴディバのクッキー

今週のお題「バレンタインデー」

 

バレンタインデーといえばゴディバですね。

 

 

実は鳥取市にも駅ビル(ただし2階建、1階のみ営業)の中にゴディバがありまして、スタバほどではないですけど、できたときには結構な繁盛ぶりでした。

 

ところで、ゴディバの中で自分が一番、好きなのは、クッキーです。クッキー。

 

「ゴディバ (GODIVA) クッキーアソート 8枚」 |  ゴディバ(GODIVA)公式オンラインショップ

 

こういうの。

 

要はアルフォートなんですが、アルフォートを最上級に美味しくした美味しさがあります。

 

ゴディバでクッキー買おうってなかなか思わないじゃないですか。

 

でも間違い無く美味しいので、贈答品とかにオススメです。

 

 

「お気に入りの一着」無印良品の綿天竺アイマスク

「お気に入りの一着」のお題で書こうと思って、自分の洋服を思い返してみたんですが、「お気に入りの一着」が無い、というか、持ってる服がどれも大して好きじゃないことに今さら気づいてびっくりしました。

そうか、そんなに衣をおろそかにしてたか、おれ。

安くてもシンプルで機能的な服を買うように心がけなきゃ。

 

ということで、身につけるもので他になんか無いかな、と考えたんですが、ありました。

毎日、愛用してるコレ 

www.muji.net

 

色んなアイマスクを試してきましたけど、コレが最強だと思います。

コットンの柔らかい肌触りといい、ガンガン洗える耐久性といい、たった700円のコストパフォーマンスと良い、折りたたんで専用袋に入れられる携帯性といい。

全国の無印良品で変えるのも良い。

鼻側にフラップ?が付いてて遮光性も言うことなしです。

 

まあアイマスク自体が嫌いとか、気になって逆に寝られないという人にはもちろんオススメできませんが、ピッタリしたアイマスクを探してると言う人はとりあえず試して頂きたいです。

 

あれ、でも無印のHPでの評判はそれほどだな。

良いと思うんだけどな。